こんにちは。

サクッと準備、ドカッと集客の秋澤です。

 

今年の夏休みは、愛媛県に行ってきました。JALのツアーで行ったんですけど、JALマイルが溜まっていたので、ホテル代も飛行機代も夫婦二人分ただでいけたんです^^

 

JALマイルありがたいですよね~

 

一年に1回はJALマイルで海外へ行ったり、国内旅行へ行ったりしています。

 

結構すぐにたまるんですよね~JALマイル。

どれだけ毎月カードで支払っているのか明細を見ると恐ろしくなりますが><

 

0c85ea536a1b115eb5b8405244b484c4_s

 

そんなJALの飛行機ですが、飛行機の中はお金持ちと平民の区別の世界。

 

JALを度々使う特別会員の方達は、飛行場のラウンジを無料で使える。

飛行機に乗リ込むのも最初に乗り、荷物が出てくるのも最初に出てくる。

 

本当にBIPの人になると、客室乗務員がわざわざ席まで来て

「〇〇様いつもご搭乗ありがとうございます」

と挨拶までしてくれる。

 

こういった光景を見ると自分もいつかはJALの特別会員になりたいな~と思うんですよね。

 

だから、飛行機に乗る時はいつもJALに乗る。

 

でも、たぶん年に10回ぐらいJALに乗らないと特別会員にはなれないんですよね~

 

いつか特別会員になって見たいものです。

 

航空会社と同じように、治療院もお客さんを区別する必要があるんです。

 

8対2の法則というものがあり、上位20%のお客さんが売上の80%に貢献してくれているんです。

 

だから、上位20%のお客さんには特別待遇をしなければいけません。

 

当院も上位20%のお客様には特に丁寧に接客しますし、お土産やプレゼントといったものを時々渡します。

 

この特別待遇をすると、他のお客さんが不満に思うのではないかと心配しますよね?

 

ところが、そんな心配はご無用です。

 

他のお客さんは、特別待遇されている方が常連さんだということに気づきますし、自分もどのようにしたら特別待遇を受けられるのだろうと考えます。

 

そして、特別待遇を受けたいがために、常連客へと変わっていくのです。

 

私だって、JALが自分たちの事を特別待遇してくれないことをさみしく思っています。

 

でも、JALに年に10回乗れば特別会員になれるし、いつしか絶対なってやるという気持ちもあります。

 

だからANAには決して乗らないんですよね~

 

お客を区別することはとっても大事な事です!

 

そういえば、ANAカードの方がJALよりマイルが溜まりやすいと、みなさん言っているんですよね~

 

ANAに乗り換えるべきか、乗り換えないべきか。。

 

ではでは